ホンダは2014年11月17日、燃料電池車(FCV)のコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」の外観と一部の諸元を発表した。2008年にリース販売を開始した「FCXクラリティ」と同タイプの5人乗りセダンで、外観は2013年11月のロサンゼルスモーターショーで展示したコンセプトカーとよく似ている(図1)。燃料電池スタックを33%小型化しつつも、出力密度を3.1kW/Lと従来比約60%向上させるなど高性能化を図ったとしている。70MPaの高圧水素タンク満タンで700km以上走行し、水素の充填時間も約3分と、ガソリン車並の使い勝手を実現したという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!