ヤフー、一般向け遺伝子検査サービスを提供開始

約290項目を解析、専門医によるカウンセリングサービスも提供へ

2014/11/11 18:46
大下 淳一=日経デジタルヘルス
検査キットと解析結果の画面例
検査キットと解析結果の画面例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ヤフーは、病気や薬、健康にかかわる情報を提供する「Yahoo!ヘルスケア」が取り組むプロジェクト「HealthData Lab」において、病気発症リスクや体質を調べられる一般向け遺伝子検査サービスの提供を2014年11月7日に開始した(リリース関連ページ関連記事)。約290項目を解析し、価格は4万9800円(税込み)である。

 同サービスでは、肺がんや大腸がんなど22種類のがんのほか、2型糖尿病や脳卒中、心筋梗塞などの病気発症リスクを調べる。これに血中尿酸値や筋力、血圧などの体質を加えた、約290項目を解析する。自分と同じ遺伝子を持つグループがどこで生まれてどう移動してきたかをたどれる、いわゆる「祖先解析」にも対応する。

 サービス利用者は、Yahoo!ショッピング内の「Yahoo!ヘルスケア HealthData Lab」ストアで解析キットを購入する(関連ページ)。キット到着後、マイページの利用登録や唾液試料の返送、マイページでの生活習慣調査への回答を行うと後日、解析終了後にマイページで解析結果を閲覧できる。

遺伝子検査への理解を深めるセミナーも開催

 ヤフーは、サービス利用者が解析結果について専門家に問い合わせたい場合に備え、臨床遺伝専門医などによるカウンセリングを受けられるサービス(有料)の提供を予定している。さらに、自分で取り入れられる生活改善についてアドバイスを受けたい利用者には、医師や栄養士にウェブ上で相談できる有料サービス「Doctors Me」を公式サイト上で紹介していく。

 このほか同社は、遺伝子検査についての講演やパネルディスカッションを行う一般向けセミナー「遺伝子検査セミナー ~遺伝子でわかること、わからないこと~」を開催する。遺伝子検査について、これまでの経緯や現状、メリットやデメリットなどについて、一般消費者に理解を深めてもらうための場という。第1回は2014年11月25日に東京・六本木で開催する。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング