「日本には技術が、インドは人材がある。その技術と人材が一緒になって邁進すれば間違いなく成功できる」---日経BP社と海外産業人材育成協会(HIDA)らが、インド商工会議所連合(ASSOCHAM)の協力を得て2014年9月にインド・ニューデリーで開催した「アジアものづくりカンファレンス」に、インド重工業国営企業省大臣(Union Cabinet Minister of Heavy Industories and Public Sector Enterprises of India)のAnant Geete氏が登壇し、インドの工業振興における日本の技術への期待について語った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!