シャープが医療器具向けジェットウォッシャー超音波洗浄装置の新モデル、洗浄時間を20%短縮

2014/07/29 00:23
大下 淳一=日経デジタルヘルス
発売したMU-7000シリーズ
発売したMU-7000シリーズ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
従来シリーズとの比較
従来シリーズとの比較
[クリックすると拡大した画像が開きます]
MU-7000シリーズの特徴
MU-7000シリーズの特徴
[クリックすると拡大した画像が開きます]
超音波洗浄のメリット
超音波洗浄のメリット
[クリックすると拡大した画像が開きます]
MU-6000シリーズの特徴
MU-6000シリーズの特徴
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープ子会社のシャープマニファクチャリングシステムは、医療器具の洗浄に使うジェットウォッシャー超音波洗浄装置の新製品「MU-7000」シリーズを2014年7月25日に発売した(リリースのpdf)。超音波洗浄とジェットウォッシャー(シャワー)洗浄を組み合わせた“ダブル洗浄”に対応する。従来の「MU-5000」シリーズに比べて、超音波の出力を約2倍、ジェットウォッシャーによる洗浄力を最大で約1.5倍に高めた。これにより、MU-5000シリーズ比で洗浄時間を20%短縮できるという。

 最大洗浄ラック数をMU-5000シリーズにおける4段から5段に増やし、一度に洗浄できる医療器具の量を増やした。ラックの棚を全段取り外せるため、大きな洗浄物にも対応できる。また、装置の操作や稼働状況をカラー液晶画面に文字やイラストで表示したり、作業の開始や終了を音声で知らせる機能をオプションで搭載したりすることで、操作性を高めた。

 この他、シャワー洗浄のみに対応するジェットウォッシャー洗浄装置「MU-6000」シリーズも同時に発売した。省スペースで大容量なことが特徴。洗浄方式を改めることで、洗浄ムラを低減した。

 シャープは旧 早川電機工業時代の1964年に医療器具用の超音波洗浄装置を発売。同装置事業は2014年で50周年を迎える。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング