セイコープレシジョンは、4/3型の撮像素子を内蔵するレンズ交換式カメラに向けた、フォーカルプレーン式シャッターを開発した。2014年2月16日まで開催されていた展示会「CP+2014」に展示した。開発品の特徴は、コイルばねを排してモーターで直接、シャッター幕を動かすこと。これにより大幅な小型化や部品点数の削減を実現する。加えてシャッター幕の速度を制御しやすいので、シャッターショックに起因するブレの抑制が期待できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!