米Linear Technology社は、複数の回路トポロジに対応した同期整流採用のDC-DCコンバータ制御IC「LT8710」を発売した。対応する回路トポロジは、SEPIC(single ended primary inductor converter)、反転型、昇圧型、フライバックの4つである。整流ダイオードの代わりにpチャネルMOSFETを使う同期整流方式を採用したため、変換効率を高められるという。変換効率はピーク時で90%程度に達する。入力電圧範囲は+4.5~80V。自動車のエンジン制御ユニット(ECU)用電源、Pb蓄電池用充電器、産業機器用電源、太陽光発電システム用電源などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!