オムロンオートモーティブエレクトロニクスは、最大効率が92.9%以上と高く、体積が約6.6Lと小さい車載充電器を実現するメドを付けたことを明らかにした。出力が最大6.6kWのもので、日米欧の家庭用100~240V電源で充電するプラグインハイブリッド車(PHEV)や電気自動車(EV)に使える。2016年ごろに量産することを目指す。車載電源部品では後発のオムロンだが、同技術をテコに自動車事業を拡大する考えだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!