単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)と産業技術総合研究所、および新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、単層カーボンナノチューブ(CNT)と銅(Cu)の複合材料を用いて、配線幅が最小0.5μmの微細配線パターンの形成に成功したと発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!