日本ナショナルインスツルメンツの発表によると、古野電気が気象レーダーの試作機開発をNI製品を利用して効率化した。使ったのは、システム開発/制御用ソフトウエアの「NI LabVIEW」と、モジュール式ハードウエア「NI FlexRIO」などである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!