東芝は、車載用途に向けた小型ブラシ付きDC(直流)モーター用ドライバIC「TB9101FNG/TB9102FNG」を開発し、2014年2月に発売する。特徴は、オン抵抗を削減して、低消費電力化を実現した点にある。TB9101FNGのオン抵抗は、pチャネルとnチャネルともに0.6Ω(標準値)、TB9102FNGは0.5Ω(標準値)といずれも低い。同社独自の微細BiCD(Bipolar、CMOS、DMOS)プロセスを採用することで実現したという。低消費電力化が求められるオート・エアコンの弁調整用やドア・ミラーの角度調整用などの車載向け小型モーターの駆動に使える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!