三菱電機は、824M~1.98GHzと広い周波数帯域に対応したRFパワー・アンプIC「BA012M1」を開発し、2013年11月30日に発売する。広い周波数帯域に対応できるため、日本やアジア、欧州、北米などで使われている4つの主要な周波数帯を1つのパワー・アンプICでまかなえる。具体的には、2GHz帯のBand1、1.9GHz帯のBand2、800MHz帯のBand5、900MHz帯のBand8である。通信方式としては、WCDMAとLTEなどに対応可能だ。スマートフォンやタブレット端末などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!