大手FPGAベンダーの米Altera社は、米Intel社の14nm世代トライゲート・プロセスで製造するSoC FPGA「Stratix 10 SoC」に、クアッドコア64ビット・プロセサ・システム「ARM Cortex-A53」を搭載すると発表した。Stratix 10 SoCは、異種アーキテクチャのプロセサを混在させる、いわゆるヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームを採用している。ARM Cortex-A53は、同じくStratix 10 SoCに搭載される、業界初のハードウエア化された浮動小数点DSPブロックと、業界で初めてGHz級の周波数で動作する高性能FPGAファブリックを補完する位置付けとなる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!