名古屋大学と横浜国立大学の研究者が2013年9月30日、「車載組込みシステムの情報セキュリティ強化に関する提言」をまとめて公開した。提言をまとめたのは、名古屋大学 大学院情報科学研究科 教授 附属組込みシステム情報センター長/TOPPERSプロジェクト会長の高田広章氏と横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授 情報・物理セキュリティ研究拠点長 松本勉氏の2名。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!