米Maxim Integrated Products社は、8チャネル(オクタル)の超音波トランシーバIC「MAX2082」を発売した。集積した機能は、8個の高電圧パルス発生器、8個の送受信スイッチ、8個の12ビットA-D変換器、8個の低雑音アンプ(LNA)、8個の可変利得アンプ(VGA)、連続時間ミキサ、アンチエイリアス・フィルタ、カップリング・コンデンサなどである。パッケージは、実装面積が10mm×26mmのBGAである。多くの機能を1チップに集積したため、外付けのディスクリート部品を大幅に削減できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!