東芝は、撮像データに映っている任意の被写体に対して、撮影後に焦点を合わせたり、ぼかしたりできるカメラ・モジュールを開発した。2個の1/4型500万画素CMOSイメージ・センサを搭載しており、これと内蔵した画像処理LSIで、広い撮影範囲の被写体に焦点を合わせた“ディープ・フォーカス画像”を得られるとする。スマートフォンやタブレット向けに2014年1月にサンプル出荷を始め、2014年4月に月産50万個の規模で量産する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!