米Maxim Integrated Products社は、入力電圧(VIN)範囲が+4.5~60Vと広い降圧型DC-DCコンバータIC「MAX17503」を発売した。最大出力電流は2.5Aである。同期整流方式を採用しており、ハイサイド・スイッチとローサイド・スイッチはいずれも集積した。このため、ショットキ・バリア・ダイオードを外付けする必要はない。さらに位相補償回路もチップに集積した。同社によると、「ダイオード整流方式を採用するDC-DCコンバータICを利用する場合に比べると、発熱量を約50%低減できる。実装面積については50%、部品点数については75%削減することが可能だ」という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!