エルピーダメモリ 代表取締役社長兼CEOを2013年7月に退任した坂本幸雄氏は9月24日、日経BP半導体リサーチのインタビューに応じ、現在の心境を語った。同氏は現在、エルピーダメモリへの移籍前に在籍していたUMC日本法人(現 ユー・エム・シー・グループ・ジャパン)のシニア・アドバイザーに就いている。このほか半導体関連の数社のアドバイザーを兼任予定という。「エルピーダ退任後、海外の企業からも何社か声をかけてもらった。これまでの人脈を生かし、日本の産業界と海外をつなぐパイプ役を果たしていきたい。それを通じて日本の半導体の復活にも寄与できればいい」などと話した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!