ファブレス半導体企業のザインエレクトロニクスは、車載機器向けに液晶パネル用タイミング・コントローラを開発し、2013年中にサンプル出荷を始める。車載機器の液晶パネルの解像度は従来一般的であった800×480画素クラスから、今後はフルHD以上へ高精細化が進むとみられる。ザインはこれまで培ってきた表示制御技術と高速インタフェース技術を生かし、車載液晶パネルの高解像度化を踏まえた表示制御用ICを製品化していく考え。今回のタイミング・コントローラはその第1弾という位置づけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!