JVCケンウッドは、運転サポート情報の表示にヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)を採用したカーナビ「MDV-737HUD」を2013年5月中旬に発売する。HUDは、同社がプロジェクタで培ったLCOS(反射型液晶)技術「D-ILA(direct-drive image light amplifier)」を適用している。同社は過去、別の方式でオプション品としてHUDを販売した実績があるが、市販カーナビの量産品に採用したのは今回が初めて。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!