米Freescale Semiconductor, Inc.は、「FTF(Freescale Technology Forum)Americas 2012」開催中の6月19日に、通信用プロセサ「QorIQ」の第3世代製品向けのアーキテクチャとして「Layerscape(レイヤースケープ) System Architecture:LSA」を発表した。LSAは複数のコアをサポートし、「Software Defined Network」に対応することを目指したものである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!