米Freescale Semiconductor Inc.は、同社のMCUの新しいラインナップとして「Kinetis Xシリーズ」を発表した。Kinetis Xシリーズは従来の「Kinetisシリーズ」と同様に、英ARM Ltd.のプロセサ・コア「Cortex-M4」をベースにしており、動作周波数はMCUとしては最高速に属する200MHzまで高められている。ECCで保護されるSRAMを最大0.5Mバイト搭載するほか、1cycleでアクセス可能なScratch Padとして利用できるSRAMを32Kバイト内蔵している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!