ソニーと東京医科歯科大学、標識物質なしに細胞を識別する技術を開発

種類の異なるがん細胞の識別にも成功

2011/10/03 10:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 ソニーと東京医科歯科大学は、個々の細胞を標識物質なしに識別する技術を開発した。科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の一環として得られた成果で、このような技術は「世界初」(ソニー)とする。同技術を利用して今回、種類の異なるがん細胞の識別にも成功したという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング