英ARM Ltd.は、同社のソフトウエア開発環境である「Development Studio 5(DS-5)」やCortexプロセサ用のRVDデバガと連動する仮想デバグインターフェースの「VSTREAM」が、RTLシミュレータと連動できる様になったことを発表した。DS-5とVSTREAMを連動させることでARMプロセサベースのSoCについて、RTLシミュレーション上とハードウエア支援による検証プラットフォームの両方で、ソフトウエア開発と検証を効果的に行えるようになると同社は説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!