フィーチャー(feature)などを明示的に管理し、ソフトウエアを体系的に再利用するための方法論・考え方である「Software Product Line Engineering(SPLE)」。そのSPLE向け支援ツールの開発元が来日し、2011年8月31日に東京都内で講演を行った。  講演したのは、ドイツpure-systems社 CEOのDanilo Beuche氏である。同社は2001年に創業し、そのツール「pure::variants」は10年近い歴史がある。その名称が象徴するように、同ツールはフィーチャー・ベースのSPLEにおけるバリアント管理のためのツールである。フィーチャー・モデル(フィーチャー図)によってフィーチャーを管理する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!