米Tektronix社は、業界初をうたう、オシロスコープとスペクトラム・アナライザの機能を統合したミックスド・ドメイン・オシロスコープ「MDO4000シリーズ」を発表した。従来、オシロスコープで時間波形を観測していたアナログ/デジタル信号と、スペクトラム・アナライザで周波数波形を観測していたRF信号を、一台の計測器で測定できる。しかも、各信号を互いの時間相関を取った上で観測できる。「無線機能を備えるシステムの設計現場で、デバッグに要する時間を日単位や週単位で短縮できる。我々が過去20年間に発表したオシロスコープの中で、最も画期的な製品だ」(Tektronix社、General Manager of OscilloscopesのRoy Siegel氏)とする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!