Fujitsu Semiconductor Europeは、同社の「FCR4」ファミリー製品である「MB9FE126“Calypso”」を発表した。FCR4ファミリーは、英ARM Ltd.のプロセサ・コア「Cortex-R4」をベースとし、最大160MHz動作で200DMIPS以上の処理性能を持つ。MB9FE126は自動車の計器パネル制御を低コストで実現することを目的としたワンチップ構成で、2Dグラフィックエンジンの「IRIS」により、最大6種類の従来型計器と同時にカラーグラフィック表示を可能にする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!