米国ロサンゼルスで開催されているディスプレイ関連の国際会議「SID 2011」初日の基調講演では、慶應義塾大学教授の小池康博氏による「LCDバックライト・システムを単純化できる導光板」が大きな注目を集めた。3日目午後のセッション60の「Integrated Optics for Backlights」では、この慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュートによる詳細な講演を含め、4件の講演が行われ、今後の液晶パネルのバックライト・システムの進化を期待させられる発表が相次いだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!