米Microchip Technology Inc.は、同社の8ビット・マイコンのミッドレンジ品となる「PIC16F」シリーズに、ローコスト製品をターゲットとした6製品を追加した。今回追加になったのは、「PIC16F1516/7/8/9」と「PIC16F1526/7」で、いずれも同社の「eXtreme Low Power(XLP)」技術を採用したもの。これらは最大28Kバイトのフラッシュ・メモリと1.5KバイトのSRAMを搭載するほか、10ビットのADCと最大30チャネルのmTouch容量センサー・インタフェースを搭載する。また最大2チャネルずつのEUSART/I2C/SPIポートと、最大10チャネルのCapture Compare PWMを内蔵する。このPWMを利用することで、照明やモータ制御などのほか、温度測定なども可能となっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!