ジェイテクトは、新興国向けに開発された「e」シリーズの3機種のうち、横形マシニングセンタ(MC)「e500H」を「第12回中国国際工作機械展覧会(CIMT2011)」(2011年4月11~16日、北京市)に出展した。同シリーズとしては円筒研削盤の「e300G」や立形MCの「e640V」もあるが、「中国市場での伸びが最も期待できるので、横形MCを拡販したい」〔豊田工機(大連)公司上海分公司営業経理の旋律氏〕ことから出展機種を決めたという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!