米Freescaleは、車載向けMCUであるPowerPCプロセサ・コアを搭載した32ビットMCU「Qorivva」の新製品を発表した。今回発表になった「Qorivva MPC567xKファミリー」は、自動車の安全システム向けの低価格ソリューション、たとえば死角検知(Blind-Spot Detection)や車線逸脱警報システム(Lane-Departure Warning Systems)、サイドビュー・アシスタント、アダプティブ・ヘッドライトといったシステムに向けたものとしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!