カタッチ(本社東京)は、STLデータの不具合を修正するソフト「MoNoGon」を2010年10月1日から発売する。STLはもともとラピット・プロトタイピング(RP)装置への入力として使われるデータ形式として開発されたもので、ポリゴン(主として三角形)の集まりとして表現される。RPだけでなく解析計算やCAMなど、さまざまな装置やツールにSTLを渡すことが可能であり、その際のトラブルをなくしたいというユーザーの需要を見込んで開発した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!