米MIPS Technologies, Inc.は,完全にシンセサイザブル(論理合成可能な)なマルチコアCPUのIPコア「MIPS32 1074K CPS(Coherent Processing System)」を発表した。MIPS32 1074K CPSは,同社のMIPS32 74Kコアを最大4つまで集積でき,標準的なセルライブラリやメモリ,EDAツールを使った場合でも,40nm Gプロセス上で最大1.5GHzで稼動する。このマルチコアによるパフォーマンスは,デジタルテレビやBlu-rayプレイヤー,セットトップ・ボックスをはじめとする,次世代のインターネット接続マルチメディア製品の開発に最適である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!