バイエルマテリアルサイエンス(本社東京)、住化バイエルウレタン(本社大阪市)、大阪大学産業科学研究所は共同で、7倍伸ばしても電気を通す導電性材料「銀粒子配合ポリウレタンベース電気配線」を開発した。独Bayer MaterialScience社が開発した水性ポリウレタン・ディスパージョン「Dispercoll U 42」と、大阪大学が開発した「金属粒子の分散技術と電気配線の印刷技術」を組み合わせることで実現したもの。電子デバイス向けの伸縮性導電性材料は、これまで数多くの研究・開発がなされてきたが、いずれの材料も2倍以上伸ばすと導電性は失われていたという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!