米Microsoft Corp.は,同社のゲーム機「Xbox 360」の新機種向けに,GPUとCPUを1チップ化した「XCGPU」について,2010年8月22日から米国で開催中のマイクロプロセサ関連のシンポジウム「Hot Chips 22」で講演した。45nm世代のSOI技術を用いており,90nm世代でGPUとCPUを別々に製造していた場合と比べ,消費電力は60%,チップ面積は50%,それぞれ削減した。チップを開発した米IBM Corp.と共同で発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!