日産車体は、主要な生産拠点である湘南工場について、生産の効率を上げるため、同工場の第1地区と第2地区の生産体制を再編することを決めた。2010年2月に、100%出資の生産子会社である日産車体九州の新工場が本格稼働を始めたことに伴い、湘南工場第1地区で生産している4車種のうち3車種を、2010年度中に順次第2地区に移管する。これにより、同社の生産の特長である多車種混流生産を活かし、生産ラインの集約による湘南工場の効率的な運営を目指していく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!