2009年度の内需について,民間設備投資の縮減と公共投資の削減が進み,対前年度比18.3%減の2兆7974億円と見込む。民需では,電力向け発電設備の更新需要などにより前年度実績を上回るものの他の需要は大幅に減少。官公需でも,ごみ処理装置を中心に環境装置の需要が年度後半から急速に冷え込んでおり,前年度実績を大幅に下回ると見込んだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!