次世代ディスプレイ向け薄膜トランジスタ(TFT)の有力候補と目される透明アモルファス酸化物半導体TFT(TAOS-TFT)。ここに来て開発成果が相次いでいるのが,フレキシブル・ディスプレイへの応用である。2010年1月25~26日に開催された「International Workshop on Transparent Amorphous Oxide Semiconductors(TAOS 2010)」(会場は東京工業大学)では,凸版印刷が電子ペーパーへの応用に向けた開発成果を披露し,大日本印刷はフレキシブル有機ELパネルの試作結果を示した。米Oregon State Universityは,印刷法によるTAOS-TFT製造に向けた研究成果を発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!