米Atmelは,90nmプロセスを使い,スタンダードセルASICと同程度の密度である350Kゲート/mm2を実現できるASICデザイン向けの新アーキテクチャであるSiliconCityを発表した。SiliconCityを利用すれば,デザインが容易に再利用できるため,製品設計をする際に,開発費の低減やデザイン期間の短縮,リスクの低減などを実現できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!