「PDFs」から「Files」に変わったメニュー項目
「PDFs」から「Files」に変わったメニュー項目
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleに関する話題を取り上げるブログ「Google Operating System」のブロガーであるAlex Chitu氏は米国時間2009年7月22日,オンライン統合オフィス・アプリケーション「Google Docs」でPDF形式以外のファイルのアップロードが可能になる見通しだとする投稿記事を同ブログで公開した。その根拠として,Google Docsの「items by type」メニュー内で「PDFs」だった項目が「Files」に変わったことを挙げた。

 同氏は,アップロードできるファイルの種類に制限がなくなることで,Google Docsが徐々にオンライン・ストレージ・サービスへ姿を変えると予想する。また,以前から「GDrive」や「Google Drive」といった名称で存在がうわさされているオンライン・ストレージ・サービスについて,アップグレード版サービス「Cosmo」に触れたGoogleの社内文書を見つけたとしている。その文書には,「Google Docの全ユーザー・アカウントをCosmoに移行させる作業を進めている」と書いてあったという(関連記事:Googleが数カ月以内にオンライン・ストレージ・サービス開始,Microsoftの「SkyDrive」に対抗)。

 Google Docsのコードには,Webブラウザ「Google Chrome」用のロゴの付いたフォルダ・アイコン画像とビデオ共有サービス「YouTube」用のロゴ画像を参照している部分があるとの情報もあり,同社のパソコン向けOS「Google Chrome OS」からオンライン・ストレージへのファイル保存や,YouTubeへのビデオ・ファイル・アップロードが可能になるとみている(関連記事:Google,パソコン向けOS「Google Chrome OS」を発表)。

[Chitu氏のブログ投稿記事]