図1 シャープが新たに開発した「新・Exシステム」。サービス・メニューをオーバーレイ表示する
図1 シャープが新たに開発した「新・Exシステム」。サービス・メニューをオーバーレイ表示する
[画像のクリックで拡大表示]
図2 提供中の動画をサムネイル表示したときの画面
図2 提供中の動画をサムネイル表示したときの画面
[画像のクリックで拡大表示]
図3 動画の視聴中にチャンネル・ボタンを操作すると,別のジャンルで提供されている動画のタイトルが画面下部に表示される
図3 動画の視聴中にチャンネル・ボタンを操作すると,別のジャンルで提供されている動画のタイトルが画面下部に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは,ポータル・サイト「Yahoo! JAPAN」の動画配信サービス「Yahoo!動画」を液晶テレビ「AQUOS」で視聴する機能をヤフーと共同開発し,「CEATEC JAPAN 2008」に参考出展した。ヤフーはAQUOS向けのインターネット・サービス「Yahoo! JAPAN for AQUOS」を2008年5月に始めており(Tech-On!の関連記事),その機能拡張の一つとして動画配信サービス対応を進めた。サービス開始時期は未定。

 シャープはYahoo!動画に対応するために,Yahoo! JAPAN for AQUOSの表示機能「Exシステム」を改良した「新・Exシステム」を開発した。Yahoo! JAPANのコンテンツを表示中の画面に,「ニュース」や「天気」といったサービス・メニューをオーバーレイ表示するようにした(図1)。

 シャープがこだわったのが,「リモコンで操作しやすいようにすること」(説明員)である。パソコン向け動画配信サービスのユーザー・インタフェースはテレビの視聴スタイルに合わないと考えたためである。そこで,リモコンのチャンネル・ボタンに「映画」「お笑い」「スポーツ」といったジャンルを割り当てた。ユーザーがリモコンでチャンネル・ボタンを選択すると,そのジャンルの複数の動画が連続して再生される。

 提供中の動画をサムネイルで表示する一覧機能も備えた(図2)。「まだ構想段階ではあるが,ジャンルごとに数本の動画を提供し,そのラインナップを数時間ごとに変えていくといった方式を考えている」(説明員)。また,動画の視聴中に他にどんな動画が提供されているのかを分かるようにした。ユーザーがチャンネル・ボタンを押すと,画面の下部に動画のタイトルなどをオーバーレイ表示する(図3)。

 提供する動画の符号化方式は,MPEG-2またはMPEG-4 AVC/H.264である。ヤフーがパソコン向けとは別にAQUOS向けのYahoo!動画サービスを提供することを想定している。