写真 今回発表した「BlackBerry Bold」のデモ機種
写真 今回発表した「BlackBerry Bold」のデモ機種
[画像のクリックで拡大表示]
写真 BlackBerry Boldを片手に,製品発表をするNTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏
写真 BlackBerry Boldを片手に,製品発表をするNTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真 カナダResearch In Motion Ltd.のCOOであるDon Morrison氏
写真 カナダResearch In Motion Ltd.のCOOであるDon Morrison氏
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモとカナダResearch In Motion Ltd.(RIM社)は2008年9月29日,個人ユーザー向けの機能を強化した,スマートフォンの新製品「BlackBerry Bold」を日本市場で発売することを発表した(発表資料)。発売時期は2008年第4四半期を予定する。価格は未定。

 NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏は「BlackBerry Boldはパソコンの機能を手のひらに凝縮したスマートフォン。法人ユーザーだけでなく,個人ユーザーにも幅広く販売したい」と,新製品にかける強い意気込みを語った。現在は法人での利用がほとんどだが,「法人対個人の割合を7対3~6対4ぐらいにしたい」(山田氏)。

 RIM社のBlackBerryは,主に北米市場で高い人気を誇る。日本ではNTTドコモが2006年9月に法人ユーザー向け販売を開始した。外資系企業などを中心に約1200社で利用されているという。2008年8月には,専用サーバーを持たない個人ユーザーが,BlackBerryを使ってインターネットに接続できる「ブラックベリーインターネットサービス」を開始し,個人ユーザー層の掘り起こしを始めたばかりだった。

 今回発表したBlackBerry Boldは,セキュリティー機能や企業内グループウエア・サーバーとの連携機能など従来からあるビジネス向け機能に加えて,音楽や動画の再生,ゲームといったエンターテイメント機能を強化したのが特徴。「ビジネスとパーソナル双方の要求に応える,最強のスマートフォン」(NTTドコモ ソリューションビジネス部長の串間和彦氏)という。RIM社COOのDon Morrison氏は,「BlackBerry Boldは,RIM社の開発者が物理的な限界に挑戦して様々な機能を盛り込んだ。新たなユーザー体験(experience)を提供できると思う」と,新製品に対する自信をのぞかせた。

 ユーザー層の拡大に向けて,新たなサービスも提供する。まず,ブラックベリーインターネットサービスにはなかった,パケット定額プランを導入する。料金はまだ決まっていないが,「2008年10月から開始する『Biz・ホーダイダブル』(Windows Mobile搭載携帯端末向けパケット定額プラン)などを参考に決める予定」(串間氏)とする。

 また,日本での要望が高かったi-modeメールも送受信可能にする。「2009年のできるだけ早い段階で実現できるように現在開発中だ。少し遅れてメールの自動着信も可能にする」(山田氏)と語った。日本語アプリケーションを提供・販売するポータル・サイトも整備するという。

 日本国内でのスマートフォンの利用率はまだ少ない。しかし,ここへきてスマートフォン市場が徐々に加熱してきている。米Apple Inc.が開発し,ソフトバンクモバイルが販売する「iPhone」に端を発し,台湾HTC Corp.製のWindows Mobile搭載スマートフォン「Touch Diamond」や,今回発表したBlackBerry Boldなどの新製品が2008年末以降に続々登場する。本体機能や価格だけでなく,市場に受け入れられるサービスをどれだけ提供できるかも普及の鍵を握るだろう。

【動画】「BlackBerry Bold」をビデオでご覧いただけます(制作=BPtv)

この記事を英語で読む