三菱商事は、東京工業大学と共同で電気自動車向けに再生可能エネルギを利用した充電インフラシステムを開発すると発表した。火力発電や原子力発電による電力消費を少なくするため、太陽光、太陽熱、風力といった再生可能エネルギから発電した電力を電気自動車に充電するシステムを開発し、発電から走行までの全体の環境負荷を低減するインフラシステムの構築を目指す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!