古河電工は,同社がソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション3(PS3)」向けに開発したヒートシンクを,2008年4月16~18日幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2008」で展示した。古河電工は,2006年11月に発売されたPS3に搭載された品種を第1世代品と位置付けており,現在,第3世代品まで量産済みである。第3世代品の特徴は,小型,かつ軽量で,低コスト化が図られている点である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!