台湾LED産業は,川上のエピタキシャル工程から川下のパッケージング工程まで多くの企業が競い合っている。さらに,上流の基板材料の企業も育ち始め,下流のアプリケーションを手がける数多くの企業も含めて,産業バリュー・チェーンを構築し世界の製造拠点としての役割を果たしている。2008年6月11日から台湾・台北世界貿易センターで開催される「Photonics Festival Taiwan 2008」(「Display Taiwan 2008」と併設)では,これら台湾のLED関連企業が多く出展する。今回のメディア・ツアーでは,こうした台湾LED産業の一端も垣間見ることができた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!