和製トランジスタ・モデル「HiSIM-LDMOS」が,国際標準に選定された。開発した広島大学と半導体理工学研究センター,国際標準化で尽力した「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)」の3法人は,1月17日に報道機関向けの会見を開き,標準化への道のりや今後の展開について明らかにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!