カネカは,変換効率12%を有する薄膜太陽電池を開発した。従来はアモルファスSiと多結晶Siの2層で構成していた薄膜太陽電池の構造を,アモルファスSiと多結晶Siの間に透明な中間層を積層する構造に変えたことによって変換効率を高めたという。この透明中間層は,赤外線から可視光線まで幅広い波長の光を効率よく取り込むことで,変換効率を上げる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!