材料自身がき裂を自己修復し,優れた機械的特性を長く持続できる,という新しいセラミックス材を横浜国立大学工学研究院エネルギー機器材料研究室が開発した。この自己修復能力は,高温になればなるほど外気との酸化反応がより活発化し促進される。従って,「使用環境が1000℃を超えるような高温度域であったり,メンテナンスや交換しにくいような箇所で,高い機械的特性を維持することが必要とされるような,ガスタービンの支持ばね用途などに非常に適している。」と同研究室の高橋宏治氏は語る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!