「2006 Symposium on VLSI Circuits」のセッション 2「SRAM Cell Stabilities」では,SRAMの動作マージン向上のために,セル電圧,ワード線,ビット線を制御するさまざまな方式が登場した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!