CSKシステムズは,フォーマル・メソッド(formal methods)の一種である「VDM」の普及や認知を目的とした「VDM研究会」を設立した(CSKシステムズによる設立趣意)。VDMとは,「VDM++」や「VDM-SL」など仕様を記述することに特化した専用言語でシステムの仕様を詳細に書き出すことで,仕様の矛盾や不整合などのバグを洗い出すための方法論である。VDM研究会は,コンサルティング会社,VDMの活用企業,大学教授などで構成する。  VDM(Vienna Development Method)は,1970年代にオーストリアIBM Vienna研究所で開発されたフォーマル・メソッドの一手法である。コンパイラの仕様検証を目的に開発された。「ISO/IEC 13817-1」として規格化されている「VDM-SL」やオブジェクト指向に対応した「VDM++」といった形式的仕様記述言語を用いて,ソフトウエアの詳細仕様を記述する。  一般に,ソフトウエアの仕様は日本語などの自然言語やUMLなどで記述されることが多い。状態遷移図やフロー・チャートなどで補足することはあるものの,プログラムの実装者やテスト担当者がいざ仕様書を読むと,曖昧な点や行間を読まないと理解できない側面も多い。VDM++やVDM-SLには,事前条件や事後条件など,ある操作の仕様を明確に記述するための構文などがあらかじめ用意されているため,仕様の策定者自身がより詳細な仕様を突き詰め,厳密に表現しやすいという特徴がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!