松下電器産業は,著作権保護方式である「DTCP-IP」に対応したEthernet制御マイコン「MN103E0700」を2005年11月16日~18日に開催されている「Embedded Technology 2005」に出展した。同社は2004年7月に開催された「第7回 組込みシステム開発技術展」で,32ビット・マイコン「AM33」とFPGAを組み合わせた評価ボードの試作品を見せていたが,今回は1チップのマイコンに仕上げた。1チップ品の出展は初めてという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!